トヨタ・新型カローラの安全性能は!踏み間違い機能はあるの?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけ、簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

トヨタ・新型カローラの安全性能はどの様なものとなっているのでしょうか。

トヨタ・新型カローラは、2019年9月に待望のフルモデルチェンジが行われましたが、外観や内装の大きな変化に加えて先進の安全機能が搭載されている事から、大きな注目を集めています。

昨今では、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故などが増加している事から、新型カローラの安全性能に興味があると言う方は多いと思いますが、実際にはどの様な安全性となっているのでしょうか。

そこで今回は、トヨタ・新型カローラにはどの様な安全機能が搭載されているのかや、事故を未然に防ぐ踏み間違い機能は搭載されているのかなどを中心に、トヨタ・新型カローラと安全性能について解説をしていきます。

スポンサードリンク

トヨタ・新型カローラ:先進の安全機能であるTSSは全車に標準装備されている

トヨタ・新型カローラは、日本国内向け直系モデルとしては約13年ぶりのフルモデルチェンジを行ったため、安全性能は先代モデルである9代目カローラと比べ大幅に向上しています。

特に新型カローラの場合にはTSS(トヨタ・セーフティ・センス)と呼ばれる、歩行者や自転車との接触を回避するためのプリクラッシュセーフティ機能や、夜間のハイビームとロービームを自動で切り替え視認性を確保するオートマチックハイビーム機能など様々な安全機能が全車に標準装備されているため、安全性は極めて高くなっている事が特徴です。

また、これらの安全機能に加えメーカーオプション品として、後方から接近する車両を検知して衝突の被害を軽減するリヤクロストラフィックオートブレーキや、後側方の車両を検知し車線変更時の事故を未然に防ぐブラインドスポットモニターなどの安全機能が設定されているため、さらに安全性を高めることも可能となっています。

スポンサードリンク

トヨタ・新型カローラ:新型カローラのTSSは予防安全性能評価で最高点の機能

引用:https://bit.ly/2mCn5Os

トヨタ・新型カローラには、歩行者や自転車との接触を回避するためのプリクラッシュセーフティ機能や、夜間の視認性を確保するオートマチックハイビーム機能などTSS(トヨタ・セーフティ・センス)と呼ばれる安全機能が備わっていますが、この機能の評価はどの様なものとなっているのでしょうか。

自動車の安全性能を評価するJNCAP(自動車事故対策機構)と言う独立行政法人の評価によると、新型カローラよりも1年先行販売されたカローラスポーツに搭載されているTSSは、2018年度上半期の評価で安全性能1位(126点満点中122.4点)と評価され、ASV+++と言う最高評価を獲得しています。

このカローラスポーツに搭載されるTSSは新型カローラにも搭載され、前述したようにメーカーオプション品として後側方の車両を検知する事ができる安全機能を追加することができるため、2019年度~2020年度に掛けてはカローラスポーツを超える予防安全性能評価が期待されています。

この様に、新型カローラの安全性能は非常に高い評価を受けているため、購入を検討している場合には参考にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

トヨタ・新型カローラ:アクセルとブレーキの踏み間違い機能はあるの?

トヨタ・新型カローラの安全性能は非常に高い評価を受けている事が分かりましたが、昨今社会問題の1つとしても挙げられるアクセルとブレーキ踏み間違いを抑制する機能は搭載されているのでしょうか。

前述した安全機能であるTSS(トヨタ・セーフティ・センス)の中には、シフト操作を間違えた場合で後退時にアクセルが踏み込まれていると、エンジンやハイブリッドシステムの出力を抑制するドライブスタートコントロールという機能が搭載されており、この機能は全車に標準装備されています。

また、前方にある静止物(ガラス面や壁面)を車両に設置されたセンサーが感知をし、アクセルとブレーキを踏み間違えていると判断された場合に自動ブレーキが作動する、インテリジェントクリアランスソナーが装着されていますので、実質的にはこの機能がアクセルとブレーキの踏み間違いを抑制する安全機能となっているのです。

ただしこの機能は、AT仕様車を対象とした安全機能となっており、新型カローラに設定されているターボエンジンMT仕様車には搭載されませんので覚えておくと良いでしょう。

トヨタ・新型カローラ:踏み間違い抑制機能は全てのグレードに装備されている訳ではない

トヨタ・新型カローラには前方にある静止物を感知し、アクセルとブレーキを踏み間違えていると判断された場合には、自動ブレーキが作動するインテリジェントクリアランスソナーと呼ばれる踏み間違い抑制機能が搭載されていますが、こちらの機能は全てのグレードに標準搭載されている訳ではありません。

新型カローラには、ハイブリッド車とガソリン車のそれぞれにW×BS、G-Xと言う3つのグレードが設定されていますが、このうち踏み間違え抑制機能であるインテリジェントクリアランスソナーが標準搭載されているのは、W×BグレードとSグレードとなっています。

この他の各G-Xグレードの場合には、標準搭載では無くメーカーオプション品(税抜き26,000円)として搭載することが可能となっており、前述した通りW×Bグレードの中でもターボエンジンMT仕様車の場合には搭載自体が不可となっているなど、グレードによって搭載状況が異なことが特徴です。

また、メーカーオプション品は新車注文時のみ装着を行う事のできるオプションとなっており、納車後や中古車には後付けする事ができませんので新型カローラの購入を検討している場合には参考にして下さい。

トヨタ・新型カローラ:踏み間違い抑制機能は全ての事故を防止できると言う訳ではない

トヨタ・新型カローラに搭載されるドライブスタートコントロールやインテリジェントクリアランスソナーは、アクセルとブレーキの踏み間違えを抑制し事故を未然に防ぐ安全機能ですが、これらの機能は全ての事故を防止できると言う訳ではありません

特にこれらの機能に搭載されるソナー部分は、車両が汚れている場合や雨などの天候状態によって正確に動作しない場合があり、衝突対象物までの距離などによっては自動ブレーキが間に合わない場合もあるのです。

インフォメーションディプレイでの踏み間違え注意喚起などは、非常に心強い安全機能ですが、これらの機能はあくまでもドライバーをサポートし事故を抑制するまたは被害を軽減するための機能である事から、全ての事故を防げると言う訳ではありませんので覚えておくと良いでしょう。

トヨタ・新型カローラ:安全性能についてのまとめ

今回は、トヨタ・新型カローラと安全性能について解説してきましたが、新型カローラにはTSSと呼ばれる安全機能が全車で標準搭載されており、この機能は非常に高い評価を受けている事が分かったと思います。

また、踏み間違い防止機能については各グレードによって標準搭載されており、一部のグレードではメーカーオプションとして装着を行う事ができますが、MT仕様車に関しては搭載の対象外となっていますので注意が必要です。

新型カローラに搭載される安全機能は非常に評価が高く、安全性能に優れている車と言えますので興味がある方は購入の検討をしてみて下さい。

新車が値引き価格から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新車が欲しい!

今の新車は、低燃費のハイブリッド

バックカメラやナビの性能はもちろん、

自動ブレーキに自動運転技術!

ちょっと前のSF映画のようです。

 

でも、いざ買うとなると・・・

  • 「ほしい車は…高い…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで…」
  • 「値引き交渉が上手くできない…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みはつきません。

あなたにピッタリの裏技を

ご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、

買取業者では80万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!

↓メール登録するだけ、簡単査定↓

↑↑↑愛車の価格がすぐわかる↑↑↑

テキストのコピーはできません。